読んだ本も、これから読む本も
読まずに終わってしまうかもしれない本も
           
                            
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
1月1日
 
明けましておめでとうございます。

雨雪にたたられ恒例の初詣を諦めて、ひたすら食べて読み、呑んで読みを繰り返す。ポール・オースター『偶然の音楽』(読了、結末にびっくり)、串田孫一『砂時計』(「元旦の太陽」が照れてるような、頑張ってるような、というのがステキ)、宇佐美英治・志村ふくみ『一茎有情』(これはぜひ手に入れなければ!)、中上健次『千年の愉楽』(ぼくの原点)。

あいにく年末からCDプレイヤもこわれ、しずかなはじまり。これはこれでいいものだ。

- comments(1) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








きゃ〜!久々に覗きました。
なんて美味しそうな・・・!!
よだれが、よだれが(><)!
from. comiya | 2011/01/11 12:42 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://livre-libre.jugem.jp/trackback/374
<< NEW | TOP | OLD>>