読んだ本も、これから読む本も
読まずに終わってしまうかもしれない本も
           
                            
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
4月16日

津屋崎へ。旧玉乃井旅館で牛島さんと谷尾さんの作品を見る。ちょうど町はお祭り。しばし散策し、杏ジャムと豊盛酒造の原酒を片手にあとにする。牛島さんの「布は表から裏からも針をさせるので、この世とあの世を行ったり来たりするみたいなものかもしれません」という言葉が印象深い。世界にいくつもの小さな針穴をあけ、時空間にねじれをおこす。

それにしても風が強い。海に来ればいつも曇り。

帰宅して、仕事して、ユキコさんの麻婆豆腐を食べすぎて、動けず夜は更けていく。

- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://livre-libre.jugem.jp/trackback/393
<< NEW | TOP | OLD>>